• ANNA

「想い」

更新日:2020年11月6日






皆様いつもF roomをご利用いただきまして、誠にありがとうございます✨





私事ではありますが、おかげさまで、

今月20日にて、28歳の誕生日を迎えました。



この場をお借りして、少しだけ自身のことを話させていただきたいと思います。(少しのつもりが結果沢山になってしまっております(><)笑)



私はもともと鳥取県出身で、鳥取県の中でも1番と言っていい程の、広い空と、山々に囲まれた田舎の方で生まれ育ちました。(小さい頃は大好きなおじいちゃんと一緒にカブトムシやセミを捕まえたり、梨の果樹園も持っていたので、梨狩りもしておりました🍐笑)





親戚が多かったことや、長女ということもあり、物心ついた時から、子どもと関わることや、小さい子どもに何かを教えることが大好きで、「保育士になりたい!」と一途にその夢を持ち続け、18歳の時に神戸の保育の大学へ進学し、保育士の夢を実現することとなりました。



夢であり目標であった保育士の夢を実現させたものの、

保育士という世界は皆様ご存知の通り、本当に大変な大変な世界でした。



子どもは大好きだし、子どもに対して辛いと思ったことは1度と無いのですが、それ以外の「ギャップ」がありすぎて、余裕がなく、仕事中はなんとか明るく踏ん張っていたんですが、ほぼ毎日帰宅してはあの頃は泣いておりました。笑





しかし、ひとつの【きっかけ】から、私は保育士を辞めることを決意することになります。



それは、【家族との別れ】です。



ある日、大好きなおじいちゃんが年明けに亡くなり、職場の方へ休みの連絡を入れさせていただきました。しかし、休むにしても、物凄く気を遣わなければいけなく、そもそも、お葬式に出させてもらえるのだろうか。。そんなふうに思ってしまう程でした。

結局最低限の日にちで休暇をいただき、おじいちゃんとお別れをしてすぐに職場の方へ戻り働きました。



その時に、今のままの職場では、

「まるで自由がない」

「大切な家族とのお別れも、今後もまともにできないかもしれない」



その危機感の感情がドッと湧いてきたんです。保育士は1年間の担任制なので、突然辞めることは子どもたちに対しても無責任すぎるので、1年前に、辞めることを報告させていただき、2年間続けていた保育士というお仕事を退職させていただくこととなりました。

「逃げる」ではなく、自分勝手かもしれませんが、

「自分の幸せ」を本気で考えた結果です。後悔はなかったです。




そして「今」。もともとエステ関係にも興味があり、

知人の紹介でトータルエステサロンにて転職させていただき、修行を積ませていただいている際、

お世話になっているメンターにあたる方からの

ある声をいただき、「F room」にて独立させていただく形となりました。




ありがたいことに、たくさんの、素晴らしい方との【ご縁】に恵まれ、【今】があります。私1人では今の【景色】は絶対に見ることができておりません。



✨F roomで働かせていただけること。

✨F roomに来てくださった、お客様一人一人の人生の一部に入らせていただき、「美」のお手伝いをさせていただけること。



本当に本当に、幸せなお仕事をさせていただいてるなって、関わらせていただいております全ての方に【感謝】の気持ちで一杯です。



最近は、春にサロンをOPENさせていただき、脱毛の回数券が終わるお客様もどんどんと増えてこられ、脱毛スタート前に比べ、お客様の表情がどんどんと明るくなられ、「脱毛してよかった!」と、声をいただけることが、私の1番の「幸せ」であり「やりがい」です。




これからも、支えて下さっている全ての方への感謝の気持ちをしっかりと持ち、謙虚の気持ちを忘れず、


そして、自分の「使命」と「責任」をしっかりと持ち、

お客様一人一人のライフスタイルがますます輝き満ち溢れるものになりますよう、精一杯、「美」のサポートをさせていただき、脱毛の素晴らしさを1人でも多くの方に伝えられるよう、これからもこんな私でございますが、日々頑張って参りますので、どうかよろしくお願い致します!✨







長文お付き合いくださいまして、誠にありがとうございました🙇‍♀️✨




F roomスタッフ ANNA










最新記事

すべて表示